使ってみよう

ダウンロード

アプリケーションの実行には 64 ビット Windows が必要です。

Catalpa 0.8.2
ダウンロード (44.2MB)

インストール

インストールは不要です。ダウンロードした ZIP ファイルを適当なフォルダーに展開するだけで使えます。ここでは C:¥catalpa に展開したものとして説明していきます。

起動

catalpa.exe をダブルクリックするとアプリケーションが起動します。

Web サイトを生成する

ZIP ファイルには samples フォルダーがあり いくつかのサンプルデータが含まれています。サンプルデータにはウェブサイト HTML を生成するための Markdown ファイルが入っています。はじめはサンプルデータで HTML 生成を試してみましょう。

開く を押し C:¥catalpa¥samples¥site1 フォルダーを選び フォルダーの選択 を押します。もしくは エクスプローラーでフォルダーを掴んで Catalpa のウィンドウにドラッグ アンド ドロップします

フォルダーを開くと自動的に処理が始まり “更新プロセスが正常に終了しました” というメッセージが表示されます。

この時点で Markdown を変換した HTML 一式がテンポラリー フォルダーに作成されています。作成された HTML を表示するには ブラウザーで開く を押します。

既定のブラウザーが起動して 作成したページが表示されれば成功です!

名前を付けて保存

生成した Web サイトを保存してみましょう。先に適当な空のフォルダーを作成しておきます。ここでは C:¥temp¥htdocs としました。

名前を付けて保存 を押します。

作成しておいたフォルダー C:¥temp¥htdocs を選んで フォルダーの選択 を押します。

“保存しました” というメッセージが表示されます。

エクスプローラーで C:¥temp¥htdocs の確認してみます。index.html CSS 画像ファイルがありますね。これが最終的な成果物 Web サイト一式 です。これらのファイルをレンタル サーバーやプロバイダーのホームページ サービス領域にアップロードすることで自分の Web サイトをインターネットに公開できます。

レンタル サーバーやプロバイダーへのアップロード方法はサービス毎に異なっているで ここで説明するのが難しいです。アップロード方法についてはご使用のサービスをご確認ください。

ここでは index.html をダブルクリックして PC 上の Web サイトデータ HTML をブラウザーで表示できることまで確認して終わりです。

その他のサンプル

samples フォルダーには他にもいくつかのサンプルが含まれています。ぜひ 他のサンプルも試してみてください。

ヘッダーとサイドバーのあるサイトのサンプル

samples¥site2 はヘッダーとサイドバーのあるサイトのサンプルです。

ブログのサンプル

samples¥blog はブログのサンプルです。サイドバーにはカテゴリーの一覧や新着記事が表示されます。右側には各記事の冒頭部分が並び 下部にはページをめくるための 前のページ 次のページ ボタンも表示されます。

ドキュメントのサンプル

samples¥doc1 はドキュメントのサンプルです。オフライン向けの HTML ドキュメントの作成に適したテンプレートです。JavaScript で実装された検索機能が使えます。


このページでは サンプルデータを使って HTML を生成する手順とブラウザーで表示する方法を説明しました。Web サイトをどうやって作るのか?という肝心なことをまだ説明できていません。

Web サイトの作り方を学ぶためにチュートリアルを進めていきましょう。